2006年04月21日

私達にできること

こんばんは

今日はチョッと育児と別のお話です。

以前テレビで、病気と闘う子供達を見ました。

病気といっても、白血病や心臓病などの重い病気でした。

子供たちはその小さな体で、勇敢にも闘っている姿を見て

涙が止まりませんでした。

私は幸いにも、子供の頃から健康で大きな病気も

経験した事がありませんでした。

しかし今子供を持ち、自分の子供がと考えると

胸が締め付けられます。

そしてその番組の中で出ていたのが『骨髄移植』

骨髄移植で助かる人がいるんです。

子供だけではなく、大人も助かる人がいるんです。

骨髄移植と聞いた時『手術?』と思い浮かべましたが、

実は意外と簡単な事らしいです。

実際にやる時は、全身麻酔で行うとの事でした。

こうしている今も、私達の骨髄を待っている人がいます

待ちながら亡くなっていく人もいます。

まずはドナー登録を!皆様も是非ご協力ください。

          詳しくは↓
 
      日本骨髄バンク

posted by そうパパ at 00:11| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
骨髄バンクのこと紹介していただいてありがとうございます。一人でも多くの方が骨髄バンクに登録することを願っています。

追伸
トラックバックありがとうございます。楽天以外のブログからトラックバックをいただいたのは初めてだったのでものすごくうれしかったです。こちらからもトラックバックさせていただきました。
Posted by aruaru at 2006年04月21日 05:54
>aruaruさん
ようこそおいで下さいました。
ありがとうございます。

人間は『共存共栄』と私は考えています。

『私達にもできる事』のひとつとして、紹介させて頂きました。

少しでも多くの方が、苦しみから解放されると良いですね。

今後とも宜しくお願い致します。

Posted by そうパパ at 2006年04月22日 00:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16830452

この記事へのトラックバック

骨髄移植に関する誤解
Excerpt: Macの家さんの「骨髄バンクに登録しました」という記事に触発されてこの記事を書きました。皆さんは、白血病患者へ骨髄移植をする場合、ドナー(骨髄提供者)のどこから採取すると思いますか。答えは、「腸骨」か..
Weblog: あるなしブログ
Tracked: 2006-04-21 05:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。