2006年04月07日

だっこは大切!!

たまに耳にする話ですが、

だきぐせ』が付くとか付かないとか・・・。

赤ん坊が泣き出した時、すぐに抱きますか?

たまに『抱っこばかりしていたら抱癖が付くよ!

なんて言う人がいます。

これはイケマセン!!

赤ちゃんが泣く時は、何かの合図(信号)なのです。

つまり、コミニュケーションを求めているんです。

ある精神科医は『赤ちゃんが泣かなくなったら危険

と言っています。

泣いていても『抱癖』を理由に抱っこしないのは、

赤ちゃんとのコミニュケーションを、放棄する物なんです。

そして赤ちゃんが泣かなくなった時は

赤ちゃんが自ら、コミニュケーションを放棄している

と言っても過言ではないでしょう。

解釈はいろいろありますが、私は赤ちゃんが泣いていたら

迷わず『抱っこ』するでしょう。

posted by そうパパ at 02:28| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 はじめまして。
 トラックバックありがとうございました。
 こちらからも、トラックバックを送信させていただきました。
 抱き癖はおおいにつけましょう、と堂々と書かれている育児書も見かけることがありますよね。
 仮に抱き癖がついたとしても、ほんの一時的なものであって、そのせいで親離れできない子になるなんてな話は聞いたこともないです。
 私も、可能な限り抱っこはしていますし、抱き癖云々言う人の話になど耳を貸す気にもなりません。何より、抱っこしていて元気を分けてもらえるのは、むしろ親のほうですよね。
 抱き癖上等、万々歳です。
 また寄らせていただきます。こんごともよろしくお願いします。
Posted by パパっち at 2006年04月07日 21:41
はじめまして、トラックバックをありがとうございました。おっしゃるとおりだと思います。こどもの世界はまだまだわからないことだらけです。子どもは何も言えませんし、研究者の捉え方によってどんな学説もできてしまうのですね。
Posted by k-naruwo at 2006年04月30日 22:39
>k-naruwoさん

お医者さんのブログに・・・生意気してしまってスミマセン(笑)

赤ちゃんの事に関して言えば、ホントにナゾが多いですよね(笑)

先生によっても考え方が違いますし・・・。

本人のみが真実を知っている

そんな感じでしょうかね(^^)
Posted by そうパパ at 2006年05月02日 00:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

抱っこの威力
Excerpt:  まだ首も据わらないナイトっちですが、抱っこにだけは実にうるさいです。おなかがい
Weblog: パパっちの独言ブログ
Tracked: 2006-04-07 21:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。