2010年03月20日

卒園式

こんにちは

息子の通う保育園の卒園式が終わりました晴れ

卒園児ではありませんでしたが、卒園児たちのキラキラした瞳が

とても印象的でしたわーい(嬉しい顔)

入園してから卒園まではあっという間ですが、沢山の思い出が作れた事と思います。

多分子供たちは忘れてしまうと思いますが、親にとっては忘れられない

思い出になりますねグッド(上向き矢印)

思い出は子供達からの決して無くなる事のない

大きなプレゼントだと思います。

みんなありがとうね〜手(パー)


          

posted by そうパパ at 11:20| Comment(24) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

交流授業

高校生と乳幼児、保護者の交流授業が9日、京都市伏見区の桃山高で行われた。

2年の生徒58人が、近くのももやま児童館を利用する親子約40組と

シャボン玉や遊具で遊びながら、子どもとのかかわり方や命の重みを学んだ。

生徒が幼い子どもや子育て中の母親と触れ合う中で、人を生み育てることの

苦労や喜び、大切さを感じられるよう3年前から行われている。

前日に「命」についての授業を受けた生徒たちはこの日、元気よく

動き回る子どもをあやしたり、母親と笑顔で言葉を交わしながら、

子どもたちとの触れ合い方を学んだ。

別れの時には、「(子どもは母親にとって)宝物だと感じた」

「癒やされました」と感想を話し、手製のおもちゃをプレゼントして

名残を惜しんでいた。

(記事は京都新聞より)

            
posted by そうパパ at 22:16| Comment(29) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

おてて絵本

手のひらを絵本に見立て、親子で思い付くままに物語を語り合う

「おてて絵本」が近年、全国で静かなブームになっている。

新潟市在住の絵本作家、サトシンさん(46)=本名・佐藤伸さん=が

発案した親子の絵本ごっこ。福岡県でも、子どもの想像力を刺激し、幼稚園

などでの生活の様子が分かり、親子関係を深められる効果があるとして、

子育て支援団体が今夏から本格的な普及活動に乗り出す。

おてて絵本は、サトシンさんが15年ほど前、専業主夫として

長女と遊んでいたとき思い付いた。お互いに物語を即興でつくり、

絵本をめくるように手のひらを動かしながら、語り進める。「それでどうなったの」

「ホントに? 」など、話を盛り上げる合いの手を入れるのがコツだ。

3年前に育児雑誌で紹介したところ問い合わせが殺到。昨年に入門書が

出版され、今年3月からはNHK教育テレビの子ども番組「みいつけ

た! 」でレギュラー放送も始まった。

福岡で普及に乗り出すのは、福岡市の特定非営利活動法人(NPO法人)

「ecomam」(エコマム)。理事長の清水麗子さん(39)が2年前に

おてて絵本を知り、「子どもと楽しく遊べそう」と、共通の知人を介して

サトシンさんと意気投合。昨年3月に「おてて絵本普及協会九州支部」を結成し、

母親の交流会でおてて絵本による遊びを試行してきた。

交流会では「幼稚園での生活ぶりが分かった」「こんな言葉知っているんだ、

とびっくりした」などと大好評。長女の月菜(るな)ちゃん(6)と

何百回もしたという清水さんも「突拍子のない発想や世界観が

垣間見れて、うれしくなります」と話す。

同法人は30日午前10時半から、福岡市博多区のさざんぴあ博多で

交流イベント「ハッピーママフェスタ」を開き、子育て中の親におてて絵本を

紹介するのを皮切りに、本格的な普及を始める。未就学児の保護者にも

勧めたり、幼稚園や保育園のスタッフとの勉強会を開いたりする計画。

今月中旬、サトシンさんを交えて開いた打ち合わせでは、幼稚園や保育園

などでやってもらうにはどうすればいいかなどを議論した。「かわいい話を聞けば

育児の疲れは吹っ飛ぶ。お薦めは話を記録すること。日記とは違う

いい思い出になりますよ」とサトシンさん。

(記事は西日本新聞より)

面白そうですね、お勧めです!!

               
posted by そうパパ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

少子化対策

ゲーム会社のコーエーとテクモの持ち株会社、コーエーテクモ

ホールディングス(横浜市港北区)は1日、社員の3人目以降の子供が

1人生まれるごとに、200万円の出産祝い金を出すと発表した。

社員の出産と育児の負担軽減、少子化対策が狙い。

同社は今年4月設立。コーエーとテクモのそれまでの出産祝い金は、

それぞれ1人につき1万円だった。新制度は6月1日から導入され、

1人目には10万円、2人目には20万円を出す。

(記事は毎日新聞より)

企業が少子化対策に乗り出す。

これが浸透してもらいたいのですが・・・。

国からの大きな援助が欲しいものですね。
posted by そうパパ at 11:39| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

子供のおやつに

今年の正月に『安納芋』という物を頂いた。

丸くてカワイイ感じの芋でして、子供たちも興味津々。

早速ふかして食べて見たところ・・・ウマシ!!

水分が多いのか中が少しペターっとなっていましたたらーっ(汗)

子供たちも大喜びで大好評でしたよ!!


      
posted by そうパパ at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

G.Wの思いで

皆様、ゴールデンウィークは楽しめましたか?

遊園地、観光地、ショッピング、映画、ピクニック、花見・・・

子供たちも沢山楽しんだでしょうね。

私は小学1年生の娘を連れ映画に行ってきました。

お母さんには長男(1歳)の子守をお願いして

デート気分で映画館へ向かいました。

のんびり一家である我が家族は、あまり慌てる事がありません。

しかし今回は慌てました。

映画館に入るなり黒山の人だかり(汗)

なんと入場制限・・・。

超長い行列に並びましたが、お目当ての時間が取れずに諦めました。

お目当ての映画は『ゲゲゲの鬼太郎』

残念ながら今回は見る事が出来ませんでした。

ご機嫌ナナメの姫を『ミスド』で満腹にし

食べ物で上手く丸め込みました・・・悪いパパだな〜。

でも『必ずDVDを買って』という約束をしたので

せめてそれだけは守りたいと思います。

それもひとつの思い出になりますよね〜

まぁイイかぁ〜。
posted by そうパパ at 01:42| Comment(0) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

こどもの日に思う

こんばんは

皆様、素晴らしい休日を過ごしていますか?

ゴルデンウィーク最後の大イベントがやって来ました。

全国各地でたくさんのイベントが開催されていますが、

積極的に参加して、想い出作りしちゃいましょうね!

最近、小学校に通う長女に聞いたのですが

小学校でも英語の授業があるんですね〜

どんだけ物知らずなオヤジでしょうか(笑)

皆さん学習教材とか使ってますか?

ウチで学習教材といえば、赤ペン先生でおなじみの

『チャレンジ』シリーズです。

しまじろうからずっ〜と、チャレンジシリーズの教材なんです。

今回は『ひまわり』観察セット・・・どうでもイイッすね。

しかし実に充実した良い教材ですよね。

でもコレだけで良いのかな・・・。

英語があるって言うのが気に掛かって

英語教材を物色中なんです。

英語学習教材といえばディズニーが有名ですよね〜

『プーさん』や『ミッキー』と一緒にお勉強というスタイル。

良い物なのは分かっているのですが

難しくて付いて行けるか心配な気がします。

うーん・・・

やるのは自分じゃないから、なおさら心配になります。

まぁいずれ娘が自分で決めてくれるでしょう。

親があせっても仕方ないですよね(笑)
posted by そうパパ at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

良かったね!

今日は、とても嬉しいニュースがありました。

みなさんもご存知の方は多いでしょうが『青木鈴花ちゃん』の入学式です。

彼女は『喉頭軟化症』という喉の病気にかかっています。

この病気は痰の吸引が必要なのです。

『看護師が付っきりで看護ができない』等の理由で

市立向原保育園への入園を拒否していました。

そして2005年11月から、青木鈴花ちゃんとご両親は

東大和市(東京)を相手取り、入園を認めるよう提訴しました。

結果、昨年の10月には東京地裁が市に入園を認めるよう命じた。

その後、小学校入学はどうなるのか心配でしたが

昨年の地裁の判断に則って、無事入学となったようです。

良かったね!

ウチの長女と同じ年なので、以前から気になっていたのです。

東大和市が恐れている事も分かりますが、本人も両親も無茶苦茶な事を

言ってる訳ではないんです。

ただ普通に生活していきたいだけなんです。

何かに付け『福祉』と言うエライ人が多いですが、福祉のふの字も出来ていない気がします。

高齢化社会で老人介護ばかりに目が行っていますが、子供たちに対する

福祉は、いったいどうなっているのでしょう?

少子化に歯止めがかからない理由は、そういった事も原因の一つだと私は思います。

posted by そうパパ at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

代理出産

向井亜紀さんの事例で、興味を持つ方も多くなりましたね。

私も以前から気になっていました。

そもそも人工的に子供を作る事に対して、どうなんだろうと思っていましたが

親本人の気持を考えると、やはり必要な事なんじゃないかなと思いました。

生まれる前から必要とされている子だから、

生まれてからは凄く大切にされるだろうし

幸せになれる様な気がしました。

チョッと安易な考えかもしれませんが・・・。

今回の判決は妥当なのかもしれませんね。

裁判の判決は日本の法律を超える事ができないんですから。

裁判官が法整備の必要性を語ったのが裁判所の本心でしょうからね。

『国会は時間の流れに追い付いて行けない』

これが全てですね。

この国の未来が危ぶまれます。

未来の大人たちは、確実に減っています。
posted by そうパパ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

社内託児所

もうすぐホワイトデーですね〜。

男性はバレンタインデーのお返しに必死です。

私も娘へのお返しを、どうしようか悩んでいます。

そのまんまチョコレートやクッキーというのも、

歯医者に通わせてる親としては・・・・・。

何とも悩ましい問題です。

さて話題を変えますが、大手企業の福利厚生で社内託児所が

少しずつですが増えて来ているようですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070309-00000004-fsi-bus_all

メガバンクでは初めてのようですが、とても良い傾向だと思います。

育児休暇の問題点を少し解消できるかもしれません。

中小企業には厳しい話ですが、このような福利厚生って必要ですよね。

できれば国の政策でやってくれたら、中小企業の負担も減って

一般的な福利厚生になると思いますが・・・・。

今後どのように、浸透していくか気になりますね。
posted by そうパパ at 18:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。